トップ

歯科の医療事務の仕事について

歯科の事務の業務

歯科の医療事務について

歯科の医療事務の仕事はとても人気があり、多くの人が目指している仕事でもあります。この仕事に従事したいというときには、経験者が優遇される場合が少なくありません。というのも、経験者は仕事の内容を知っているため、職場の即戦力になるからです。しかし、未経験者の場合でも雇われる可能性があるため、あきらめる必要はありません。歯科で医療事務として働くときには、資格があると優遇されることもあります。資格を持っていると、仕事に必要な知識があることを証明することができるのです。資格を持たずに仕事をしている人もいます。

矯正

医療事務管理士の業務

歯科医院における医療事務管理士の主な業務としては、患者様からの予約電話の対応や受付での保険証の確認をはじめ、患者様が支払う医療費の計算や、レセプトを作成して保険負担分の請求を行うこと等が挙げられます。また、患者様の治療時に医師のアシスタントとして医療器具の準備や消毒等を任せられる場合もあります。このように医療事務管理士とは歯科医療現場において事務面からサポートする専門家として非常に重要な役割があると共に、平成17年10月に特許庁によって商標登録が認定された事で名実ともに認知された資格となっています。

↑PAGE TOP